社会保険労務士 齋藤事務所|協会けんぽ 健康保険・介護保険料率の改定について【平成25年4月〜】
社会保険労務士 齋藤事務所
更新情報
平成25年2月18日
平成25年3月分(4月納付分)からの、全国健康保険協会管掌健康保険(愛称:「協会けんぽ」)の都道府県単位の健康保険料率、介護保険料率は、平成24年度の保険料率のまま据え置きとなりました。

厳しい医療保険の財政状況と、高齢者医療への拠出金の増加から、保険料率の引き上げが必要であり、昨年まで3年連続で引き上げられていましたが、協会けんぽの各種取り組みにより、平成25年度の保険料率は据え置きとなることが決定しました。


具体的には、下記の表をご覧ください。

しかしながら、近年、医療費支出の伸びが、保険料収入の基礎である賃金の伸びを上回っている状況が続いており、また、昨今の不況の影響により、保険料収入が落ち込んでいます。
さらには、高齢者医療への拠出金が年々増大しており、赤字構造を抱えている状況であるため、今後も、さらに厳しい状況が続くものと考えられますので、注意が必要です。
  改定前 改定後
健康保険料率 99.7/1000
(本人負担分:49.85/1000)
(会社負担分:49.85/1000)
99.7/1000
(本人負担分:49.85/1000)
(会社負担分:49.85/1000)
介護保険料率 15.5/1,000
(本人負担分:7.75/1,000)
(会社負担分:7.75/1000)
15.5/1,000
(本人負担分:7.75/1,000)
(会社負担分:7.75/1000)
※東京都の例です。現在都道府県別に保険料率が設定されていますので、詳細は、全国健康保険協会(協会けんぽホームページをご覧ください。
ウィンドウを閉じる
社会保険労務士(社労士)について リンク集 サイトマップ サイトのご利用について 個人情報保護方針
社会保険労務士 齋藤事務所のロゴマーク 社会保険労務士 齋藤事務所 取り扱いサービス一覧
顧問契約 労働・社会保険の手続(加入、廃止、労災申請、雇用保険手続、健康保険手続、年金申請) 給与計算・勤怠管理のアウトソーシング 人事・賃金制度コンサルティング(成果主義、賃金制度、残業時間削減、退職金、採用・面接対策) 職場のトラブル解決・コンプライアンス対応(労使トラブル・労務監査・従業員満足度調査) 就業規則等の整備 助成金等の申請 メール顧問 法改正情報
社会保険労務士 齋藤事務所 主な顧問契約対応エリア
●東京都 23区 ●千葉県 北西部が中心ですが、埼玉県、神奈川県など、その他地域にも対応可能です。詳細はこちらから。
Copyright © 2007-2013 Certified Social Insurance and Labour Consultant Saitoh Office. All rights reserved.